2009年08月17日

畑の棉が育っています。

あれは昨年9月のこと。
棉を栽培したことのある知人から「あれはすっごく虫がつくから、農薬なしで育てるのなんてムリムリ!」と忠告をいただきました。
「でも、育てたいんです」と話すと、「うん、そうね、経験だから、やってみるといいわよ」と言ってくださった。

春、棉を播き、双葉が出たと思ったら、ネキリにやられて、植えたほとんどの芽を倒されてしまった。

知人に「やっぱり難しい・・・双葉の状態で元から倒されてしまうんです・・・」と話すと、「よく見ると地面に小さな穴が空いているから根を傷めないように丁寧に掘ってみて、ネキリ虫は昼間地中に隠れているから」と丁寧に教えてくださった。
教えていただいたその足で畑に行き、小雨の中、2畝植えた棉の芽を全て指で丁寧に探り、数えきれないほどのネキリ虫を取りましした。
それから芽を倒されてしまった場所に、再び種をまきました。
全て土の中まで探ったはずなのに、2度目の芽が出たと思ったら、またネキリ虫に倒される・・・土の中全て見たのに・・・。

裏は山、虫の宝庫。やっぱり無農薬なんて幻想かも・・・そんな事を考えて、やむなく雨が降ると流れてしまうというごくごく弱い農薬を一度播きました。
その後、わずかながら残った芽は、無事そのまま生長。
そしてまた種を播きました。今度は1本の芽も倒されませんでした。

双葉からこんなに大変なんて・・・と先の事を考えるとかなり不安でしたが、その後、意外なことにアブラムシさえも一匹もつきませんでした。

すくすく育った棉は、今1mを超えています。

090817_01.jpg

花も次々と咲いています。

090817_02.jpg

2畝の棉の木を1本ずつ見て行くと、あちらこちらに実も付いていました。

090817_03.jpg

ここまで来れば大丈夫。
あとは台風さえ来なければ。

この数ヶ月で随分学びました。
この畑に居る虫や、その虫が土に入るタイミング、そして予防策をどうすればいいか。

来年こそは、一度も農薬を使わずに育てたい。
しみじみと思います。
posted by mican at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | farm

2009年08月15日

831〜2

090813_01.jpg

畑で最近収穫している野菜たち。

この他、冬瓜もゴロゴロ実ってます。
あと、にんじんとビーツも!!

本日はお友達の家で持ち寄り夕食会。
先日のジェノベーゼソース、にんじんペースト、そば粉のブリニ、そしてかぼちゃとメロンを持参する予定です。

おっと、そろそろブリニを発酵させなくちゃ。。。
posted by mican at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | farm

2009年08月13日

畑の収穫ごはん

育てたバジルで作りたかったんです!
軽くトーストしたパンに、パスタに、お魚料理に、といろいろ使える、ジェノベーゼソース♪

090813.jpg

まだまだこれから育ちそうなので、
また松の実を購入しておこうと思います。

オリーブオイルで作るのが通常ですが、今回は半分くらいアマニ油を使いました。

posted by mican at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | farm

2009年08月10日

初かぼちゃ

090808.jpg


このところ仕事が立て込んでいて、更新できませんでした。。。

8月8日、少し時間に余裕ができたので、久々に友人を招いてランチしました。
この時のために取っておいた、今年はじめて収穫したかぼちゃを割りました。
さっくり、ほくほく、そして水分も十分、どう形容したらいいのか・・・新鮮なかぼちゃです。

タマネギ、塩、そしてこんぶのお出汁のみでスープを作りましたがけっこうイケる!!
自分で収穫したものって、特別ですね。
posted by mican at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | farm

2009年07月28日

7月20日の畑

8日過ぎてしまいましたが、7月20日の畑の様子です。

その前に物井の田の風景を。
今こんなに鮮やかな緑です。

090720_00.jpg


そして畑の様子です。
ジャンベ系野菜たちが育ってきました♪
オクラ、そしてモロヘイヤです。

090720_01.jpg 090720_02.jpg

かぼちゃ1号にかぼちゃ2号
そして枝豆です。

・・・この2つ、その後7月26日に初収穫しました
枝豆はカセットコンロを畑に持ち込み、取れたてを湯がいて畑ランチにしました♪
でもね、カメラの電池を忘れてしまったので写せませんでした・・・残念雨

090720_03.jpg 090720_04.jpg

赤紫蘇と大豆の芽。
大豆は放ったらかしでも育つ野菜と思っていたのですが、実に虫がつく事を発見。。。
大量に播いたけど、花の時期になったらてんやわんやしそうです。

090720_05.jpg 090720_06.jpg

とうもろこしの葉の陰には、午後の日差しを避けるようにしてまどろむかえるたちの姿があります。
気持ち良さそうに寝てますね。。。

090720_07.jpg

そういえば、このかえるたち手に乗せても逃げようとしません。
手にかえるを持って畑の中を動きまわっても、まるで動く風景を楽しんでいるかのように、手の上で堂々としています。

特別暑い日だったから、動きたくなかったのかな???

夏の収穫が終わると、こんどは秋の準備。

8月に入ったら、まずにんじんを播こうと思います。
あとは・・・タマネギできたらいいなー。
空豆もいいなー。

posted by mican at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | farm

2009年07月13日

7月12日の畑 その2

090712_03.jpg

レモンイエローの毛をまとった、リンゴドクガ。
毛虫好きの人々から比較的愛されている毛虫だそうです。
ドクガとの名はありますが、これにはドクはないとのこと。
リンゴなどバラ科の植物や、ブナなどの木につくそうですが、なぜか畑の作物である枝豆の葉をむしゃむしゃ食べていました。

090712_04.jpg

その枝豆は、現在ここまで育っています。
さやが膨らむのが楽しみです。

かぼちゃやトウモロコシも順調です。
トウモロコシは、先日の風でいくつか転倒してしまったのが残念ですが・・・近所の畑の被害もこの目で確認し、防ぎようが無かったことが解りました。

090712_05.jpg 090712_06.jpg

山ゆりが1株、畑の中央あたりの脇に咲いていて、今、畑はこの香りに包まれています。

090712_10.jpg


師匠の畑を訪問しました。

かぼちゃ棚は圧巻。ここまでされている畑はあまり見かけません。
来年、ヘチマとカボチャなど、複数このような棚を作る余裕ができたらいいな・・・と思いました。

090712_08.jpg

トウモロコシの被害は、この師匠の畑も同じでした。

090712_09.jpg
posted by mican at 02:15| Comment(2) | TrackBack(0) | farm

7月12日の畑 その1

珍客来園♪
モグラ。

時々走った後があるので、畑の中を右往左往いるのは解っていましたが....真っ昼間に突然目の前にピョンと現れるとは...



090712_02_02.jpg

090712_002.jpg

目が点!
爪が長い!
毛がふわふわ!

かわいいです。




posted by mican at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | farm

2009年06月29日

ビーツ薹立ち

あれ?
もう??

ビーツの薹立ちが早すぎるような気がします。
まだ根が丸くないものもあるのに・・・

気温があがりすぎてしまったのかしら?

種とりをしようと思っていたので、この株を残すことにしました。

090628_03.jpg

ヨツボシホソバかマエグロホソバか・・・
似ていてよくわかりませんでしたが、メスです。
地衣類を食べると言われていますが・・・ビーツの葉の上にいました。

090628_01.jpg

この時期、おたまじゃくしからカエルになったばかりのアマガエルが畑にたくさんいます。畑の中だけで、30匹くらいはいるでしょうか。にぎやかです。
こちらもビーツの葉の上にいました。

090628_02.jpg

キアゲハの幼虫も出始めました。
こちらはニンジンの葉に。

090628_04.jpg


にんじんもビーツも、大きそうなものから少しずつ収穫して食べ始めることに♪
posted by mican at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | farm

2009年06月21日

6月20日の畑

090620_07.jpg

にんじんがもう一人前です。

記憶の層に埋もれていた子どもの頃が蘇るような人参。

「ほぉほぉ、にんじんがひとなったねぇ」

と祖母の声が聞こえてきます。

祖母の畑のにんじんの植えられたエリア、夏の日差しの中、葉の上はキアゲハの幼虫やナナホシテントウといった色鮮やかな生き物の世界がありました。

根元を見てひとなったのから抜こうとしますが、いざ抜いてみると全然大きくなくてがっかりしたり

スーパーで立派なにんじんをみかけたときには、こんなにんじんが食べたいな・・・と思ったり

ミックスベジタブルの色のにぎやかさに憧れて、勇んで口に運んでみたもののブヨブヨしてスカスカな味に落胆したり

絵の先生に初めて連れて行っていただいたスペイン料理のお店のニンジンサラダで、にんじん料理の世界が一気に広がったり

にんじん一本にも、いろんな思い出があるものですね・・・

臭くて甘くてポリポリして、これがにんじんでした。

ぬか漬でたべたい!!
糠どこ作ろう♪


090620_04.jpg

にんじんの葉にセスジスズメの幼虫がついていました。
「銀河鉄道の夜」の汽車での出来事がこの虫の中で繰り広げられていそうな姿形です。

090620_08.jpg

少し大きめのビーツを一本抜いてみました。
ピンピンボールくらいの大きさになっていました。
まだまだ小いのもありますが、ネキリムシが葉の付け根をチョキチョキ切って行くのに加え、クルテクがビーツ畝の中を散歩したようで、無事に育ってくれるのか・・・不安でなりません。


090620_01.jpg 090620_02.jpg 090620_03.jpg

かぼちゃは無事に受粉しました。作業の手間を虫が補ってくれました。こんな時は、虫の多いこの畑のありがたさを感じます。
少しずつ実が大きくなっています。

090620_05.jpg 090620_06.jpg
里芋とミョウガの畝の草取りをしました。
草でほとんど見えなくなっていたのですが、気づいたらこんなに大きくなっていました。
来月にはミョウガのつぼみが地面から出て来てくれるかな・・・
葉ももう少し茂ったら、みょうがまんじゅうに使ったりしたいと思います。
posted by mican at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | farm

2009年06月14日

6月13日の畑

090613_02.jpg

枝豆がずいぶん育ってきました。
遠景にぼやけてみえる枝豆はマルチをかけたもの。
手前のマルチなしの枝豆と比べて一回りも大きいです。
豆がこの畑ではとても生育が良いので、大豆をアメ横で500g300円で購入して先週試しに播いてみました。
元気な芽が出ています。しかも発芽率100%!!
畑全体に播こうと思います。まだこんなにあります♪

090613_03.jpg 090613_04.jpg 090613_05.jpg

とうもろこしも生育のよいもののひとつ。
実のつく頃までこのまま順調に育ってくれると思いますが、注意が必要なのは、実がつき始めてから。
虫の害が多い作物なので、対策を今から考えておかなくてはなりません。

090613_06.jpg

生育が悪くて心配していたかぼちゃですが、ちゃんと雌花のつぼみがついています。1コ、2コ・・・・3コつていました。
つるも驚くほど伸びていて驚きました。

090613_07.jpg 090613_08.jpg

どんどん大きくなっているのは人参も同じく。
先日は大きいもので小指ほどだったものが、半数ぐらいが人差し指程度のサイズ。
この時期の畑は、喜びが大きいです。

090613_09.jpg 090613_10.jpg

畑の脇のフカフカの土に何か植えたいと思って、耕していると、1cmから2cmの径の真珠のような玉がころころと出てきました。
なにかしら・・・でも美味しそう。

090613_11.jpg

思い返してみたら、この場所は4月頃ノビルが生えていた場所でした。
つまり、これはノビル玉ネギ。
どんな味になっているのか、試しに持ってきました。

細かく輪切りにしてサラダにとも思いましたが、結構固くてしっかりしてます。
ゆでてやわらかくなるかしら?

posted by mican at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | farm