2011年07月20日

ゆかたを贈ろう!のご案内

IMG_1514.jpg

相馬ゆかたプロジェクト〜福島・相馬の人たちにゆかたを贈ろう〜

おうちで着ない浴衣、街で素敵な浴衣を見つけたら、ぜひ!

詳細はこちらから。(←PDFです)
posted by mican at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | information

2010年12月31日

温泉付き映画上映会

ivent_110129.jpg


温泉付き映画上映×クロストーク「祝の島と綱島と」のご案内です。

2011年1月29日(土)午後5時45分〜
参加費 2,500円(温泉入浴料込、午後4時30分以降の入場のみ有効です。)
会 場 綱島温泉東京園(横浜市港北区綱島東1-8-11/東急東横線綱島駅下車2分)
主 催 ざんざらまこも会

プログラム
午後4時30分〜 開場 映画上映時間まで温泉に入ってリラックス
午後5時45分〜 映画「祝の島」上映(監督・纐纈あや)
午後7時35分〜 クロストーク「祝島と綱島と…。」
※午後4時30分以前に入場の場合は、別途温泉施設利用料金がかかります。

お問い合わせ・お申し込み
ざんざらまこも会
メール zanzara.makomo@gmail.com
でんわ 050-3369-3202(担当:安在)
posted by mican at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | information

2010年10月06日

お祭り2つ

秋、お祭りという言葉がぴったりのこの季節。
10月、2種類のお祭りに参加します。
します、と書きながら、ひとつはもう終わってしまいましたが・・・

去る2日、「地球愛祭り」にてA-YOという西アフリカの太鼓ジャンベ&日本の横笛のユニットで参加しました。

PA030095.JPG PA030115.JPG


We are the worldを笛で演奏、その後アフリカンリズムにのってダンスと演奏をしました。
ジャンベの奏でるアフリカンリズムは自然に体が動いてしまう魔法のリズムだと常々思うのですが・・・客席のお客様も最後には舞台にあがってしまって・・・客席も舞台も、ダンスと手拍子でつながり、まさに”お祭り”という感じ。
この様子は、Ustでインターネット中継もされていましたが、後日YOU TUBEでも映像がUPされる予定です。


もうひとつは、本日10月6日〜11日、国分寺カフェスローさんにて開催される「minamiwa秋の収穫祭」。
「祭」といっても、編み物を中心とした手芸ユニットminamiwaさんの作品展(販売もしています)、少しだけ自分の作った物も置かせていただきます。

IMG_1098.jpg

オーガニックコットンを使ったスリッパ、コサージュ、布ナプキン、など。(編み物は一点しかありません^^;)
どれも素朴な小物たちですが、お使いいただいた方に安心感とぬくもりが伝わる小物であればと思い作っています。

IMG_1096.jpg

出品される方々みなさん作ることが大好きな作家です。編み物をメインに心のこもった作品が並びますので、是非カフェスローさんのランチのついでなどに、お立ち寄りいただければ幸いです。

6日夕方と10日終日、会場におります。お声掛けくださったら嬉しいです。


↓地球愛祭り
http://love-earth.tv/tokyo/2010/contents/index.html

↓team3738ブログ
http://team3738.blog97.fc2.com/

↓カフェスロー
http://www.cafeslow.com/
posted by mican at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | information

2010年09月14日

風のなかで モーニングショーご案内

チラシとポスターを作らせていただきました映画、
「風のなかで」が映画館で上映されることになりました。
ご興味ございましたら、ご覧いただければ幸いです。

ラピュタ阿佐ヶ谷にて
2010年10月10日(日)〜30日(土)
モーニングショー 朝10時30分より1回のみ上映


詳細につきましては下記URLをご覧ください。

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/kazenonakade/

posted by mican at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | information

2010年06月07日

「風のなかで」上映会のご案内

昨年、映画のチラシとポスターのお話をいただき、杉並のある幼稚園へ伺いました。
住宅街のなかにあって、この幼稚園だけは遠目にみても、少し様子が違い、こんもりと木々に囲まれています。
木々や草などの植物、虫やかえるなどの小動物・・・
子どもたちはそんな園の中を裸足で走り回り、夏になると裸の子さえいます。
野菜をそだて、たき火をし、のこぎりなどの工具まで使い遊びます。
制作の間の短期間でしたが、井口園長のこどもたちへの接し方や、受け止め方、そしてその親ごさんたちまでも包み込み、自ら楽しむ姿勢は、制限の多い現代において、貴重なものと映りました。
子どもたちを育てている現役のご両親、教育の現場の方たち、もしもご興味あればと思い、ご案内させていただきます。

--------------------------------------------------

「風のなかで」上映会
上映後に井口園長を交えたトークを予定
ゲスト 聖心女子大学准教授 今川 恭子先生

日時:2010年6月10日木曜日 18:30開場/19:00開演
上映会場:杉並公会堂・小ホール
料金(予約のみ):大人1200円/子ども 600円
主催団体:子どもの未来を考える風の会

お問い合わせは下記まで
グループ現代(猿田、川井田)
hiroyukik@g-gendai.co.jp
tel03-3341-2863

公式サイト:http://www.kazenonakade.com/
posted by mican at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | information

2009年07月21日

とうもろこし

知人よりお知らせです。

とうもろこしを引き取っていただけるかたを募集しています。


3本100円で30本とか50本とかまとまった数を求めている方を募集しています。
また、畑の場所は佐倉市ですのでお近くの方がいいかと思います。
7月25日以降収穫できるそうです。
虫のつきやすいとうもろこし、もともとお祭りなどで販売したいと思っていたため虫食いは使えないことから、無農薬ではありません。

メールいただくか、コメントいただければ幸いです。
posted by mican at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | information

2008年12月02日

カブトエビを知っていますか? ご案内

知人より下記のご案内をいただきました。
カブトエビといえば、学研のおまけ。
記憶ではカブトガニだった気も・・・と思いましたが、カブトガニは乾燥に耐える卵ではないので、水が干上がると乾燥卵で生き延びるカブトエビだったようです。

「科学と学習」ページでふろくを見られます。
2年生7月号のふろくにまだあるようですね。今でも人気のふろくのようです。

私はこの日は予定が入っており参加できませんが、ご興味ある方ぜひご参加ください。(山形県酒田市です)
来週末、知人に会う予定ですので詳しく話を聞いて参ります。
また、こちらのブログでお伝えできれば・・・と思っています。

以下転載しています-----

☆☆☆ カブトエビを知っていますか? ☆☆☆
「古生代から進化を止めた生きている化石」で「乾燥卵は10年以上も孵化する能力を持つ」というとても不思議な生き物です。また、「田の草取り虫」と呼ばれ、田んぼの草取りをして、人の手助けをしてくれる役に立つ生き物なのです。

東北公益文科大学 公益教養プログラムFORUM21
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
第1回 カブトエビ・シンポジウム
田んぼの生物多様性保全とカブトエビ農法の可能性を探る
〜日本におけるヨーロッパカブトエビ発見60周年記念〜
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

カブトエビは2億3000万年前から地上に生存している 「生きた化石」です。
なかでも「ヨーロッパカブトエビ」は最も古い形態を残し、 日本では1948年に山形県酒田市広野三本柳の水田で初めて発見されました。
その後、県の天然記念物に指定されましたが、近年の水田環境の変化や農薬等の影響により、 その生息域、生息数が減少し、現在では県レッドデータブックにも記載されています。
シンポジウムでは、古生代から生命をつないできたこの「ヨーロッパカブトエビ」の生息でき る環境を残す方策とともに、「田んぼの草取り虫」として有機農業等での安定的な利用の方法に ついて考えます。

主催 カブトエビ研究会
共催 東北公益文科大学 地域共創センター 山形大学農学部 山形県立農業大学校
後援 山形県庄内総合支庁 鶴岡市 酒田市 三川町 庄内町 遊佐町 JA全農山形庄内本部 JA鶴岡市 A庄内たがわ JA庄内みどり JA酒田市そでうら JAあまるめ 庄内農業共済組合 農村通信社 山形新聞・山形放送 荘内日報 朝日新聞山形総局 読売新聞山形支局 毎日新聞 コミュニティ新聞社 月刊SPOON編集部 NHK山形放送局 山形テレビ さくらんぼテレビ テレビユー山形 酒田エフエム放送

開催日程・会場
2008年12月5日(金) 13:30〜16:30
酒田市公益研修センター・多目的ホール(東北公益文科大学公益ホール)
なお、16:45〜18:00に参加者による懇談会を開催〈共創カフェ〉

入場無料
どなたでも参加できます。

プログラム
(1)基調講演「日本産ヨーロッパカブトエビの由来と田んぼの生物多様性保全」
  (公益大 五十嵐敬司)
(2)事例報告「カブトエビ除草を利用した有機農業の取り組み」
  (南陽市 生産者 吉田正行)
(3)研究報告
 「カブトエビが生きる水環境」 山形大学農学部(後藤三千代)
 「ヨーロッパカブトエビの卵の不思議と飼育への応用」 山形大学農学部(青柳桐子)
 「カブトエビを中心とする水田小動物群集の経時変化〜酒田市飯森山における調査をもとに」
  東北公益文科大学(五十嵐敬司、五十嵐健太、大井嘉樹、小野月美
  佐藤康平、高橋千沙子、高山ひとみ、武田純)
 「水田におけるカブトエビの除草効果と農薬が水生動物に及ぼす影響について」
  山形県立農業大学校(2学年 佐藤健太、高橋孝行、蛸井利明)
(4)パネルディスカッション「カブトエビの農業利用の可能性について」
 コーディネータ 呉尚浩(公益大)
 パネリスト 吉田正行(生産者)、佐藤良平(生産者)、五十嵐敬司(公益大)、後藤三千代(山大)、
 小田九二夫(農大)、

○吉田正行氏プロフィール
1948年生まれ
1966年4月就農
1990年 自作水田でカブトエビを発見
現在330aでカブトエビ農法に取り組んでいる

○五十嵐敬司氏プロフィール
1934年東京生まれ
1957年山形大学農学部卒
1966年からのヨーロッパカブトエビ生態学的
研究メモ6篇、指導した高校生による水田生物
群集・カブトエビ研究報告4篇、酒田市教育委員
会発行「酒田の自然」(共著)等がある。
元山形県立酒田東高校長
現山形大学農学部・東北公益文科大学講師
日本生態学会・日本応用動物昆虫学会会員
---

詳細は呉ゼミ日記にて。
posted by mican at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | information

2008年11月01日

「情熱大陸 大野和士」

知人より下記番組のお知らせをいただきました。
ご興味あるかた、是非ごらんください。

***
情熱大陸 大野和士
〜マエストロの新たなる旅立ち〜

11月2日(日)TBS系 23:00〜23:30

指揮者 大野和士(おおのかずし)
 今、世界中からオファーが絶えない日本人指揮者がいる。大野和士48歳。東京芸術大学を卒業後、25歳でドイツへ留学。以来、欧州を中心に活躍を続け、2002年からのベルギー王立歌劇場(モネ劇場)の音楽監督では、数々の世界初演を手がけ、耳の肥えた聴衆や批評家からも「モネの幸運」「ブリュッセルの奇跡」と絶賛されている。大野は2008年9月からフランス国立リヨン歌劇場の首席指揮者に日本人として初めて就任。リヨン歌劇場は「開かれたオペラハウス」という理念のもと、欧州で最大の若者の観客動員数を誇る革新的な劇場として注目されている場所だ。番組では、新たに船出するマエストロ・大野に密着。就任直前の9月帰国時に日本の病院や施設を巡回し、公演の醍醐味をピアノで弾き語る様子も取材し、多忙を極めながらも、自らの信念の音楽を実現する大野の「もう一つの現場」を追っていく。
posted by mican at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | information