2010年09月14日

編鐘

中国に2500年程前から伝わる楽器。
出来た当初は土で。青銅時代に入ってから青銅で作られるようになったとか。
それにしても、舞台いっぱいを占めるほど大きな楽器です。

IMG_0970.jpg

本日、奏琴を演奏する深草アキさんのライブにて。
弦は絹糸でできている奏琴の不思議な音色に、笙やジャンベ、それにこの編鐘の音がさらに不思議な音色をかもし出し、音楽の海にひとときに心地よく揺られて来ました。
posted by mican at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40694681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック